文字サイズ:拡大標準

ようこそ生田緑地ばら苑へ

川崎市多摩区長尾2丁目8番1号ほか(旧 向ヶ丘遊園内)

ばら苑の風景(ピンクのバラの花々)

バラ図鑑

多摩丘陵の澄みわたった空気の中で、およそ530種、4,700株のバラが開花します。

カクテル

Cocktail

カクテルの赤い一重咲き(このあと説明あり)
  • 1957年 Meilland
  • フランス

はなやかな色の変化が魅力的な一重中輪咲きのつるバラ。丈夫で樹勢が強く、フェンスやアーチをこぼれるばかりの花でおおう。繰り返し咲き。

マダム ヴィオレ

Madame Violet

マダム ヴィオレの薄紫の八重咲き(このあと説明あり)
  • 1981年 寺西菊雄
  • 日本

きりりと巻き上がった剣弁高芯の美しい花形。「青いバラ」を思わせる薄紫の花色が、どこか神秘的。丈夫で樹勢も強く、耐病性にも優れる。

プリンセス・ドゥ・モナコ

Princesse de Monaco

プリンセス・ドゥ・モナコの白地にピンクの大輪(このあと説明あり)
  • 1982年 Meilland
  • フランス

白地にピンクの覆輪がすばらしく魅力的なHT。巨大輪。モナコ公国王妃だった故グレース・ケリーに捧げられたバラ。葉も美しく、丈夫。四季咲き。

アマツオトメ

天津乙女

アマツオトメの黄色の八重咲き(このあと説明あり)
  • 1960年 寺西菊雄
  • 日本

あたたかなオレンジ色を帯びた黄色の花。早咲き品種。丈夫でよく育ち、剣弁高芯咲きの大きな花をたくさんつける。宝塚のトップスターの名前にちなむ。

ホワイトマスターピース

White Masterpiece

ホワイトマスターピースの白い大輪(このあと説明あり)
  • 1969年 Boerner
  • アメリカ

びっくりするほどボリュームのある丸弁盃状咲きの花をつける。咲き始めの花弁は淡い緑色を含み、濃緑色の葉を背景に、はっとするような存在感を発揮する。

チャールストン

Charleston

チャールストンの黄色地に赤い中輪(このあと説明あり)
  • 1963年 Meilland
  • フランス

濃紅色の覆輪が、咲き進むにつれて花弁全体を紅色に染めていく。鮮やかな色の変化がみごとな中輪房咲き種。樹高は1mほどで、花壇に向く。四季咲き。

マリア・カラス

Maria Callas

マリア・カラスのローズピンクの大輪(このあと説明あり)
  • 1965年 Meilland
  • フランス

鮮やかなローズピンクの巨大輪がみごとなHT。がっしりとした樹形を保ち、丈夫で育てやすい。濃緑色の照葉も美しく、強く香る。四季咲き。

聖火

Seika

聖火の白地にローズ色の花(このあと説明あり)
  • 1967年 鈴木省三
  • 日本

東京オリンピックにちなんで、故鈴木省三さんによって作出された名花。白に濃いローズ色の覆輪、半剣弁高芯咲き。丈夫で横張りの大株に育つ。

サンショウバラ

Rosa roxburgh ‘ii hirtula’

サンショウバラの薄いピンクの一重咲き(このあと説明あり)
  • 1880年以前に日本で発見
  • 日本

葉の形が山椒の葉に似ていることからついた名前。古い株から接がれたこのバラが、ばら苑内でも大切に育てられている。一重の花は春のみの一季咲き。

コンテ ドゥ シャンパーニュ

Comtes de Champagne

コンテ ドゥ シャンパーニュの黄色い房咲き(このあと説明あり)
  • 2001年 David Austin
  • イギリス

アプリコットイエローの花は、オープンカップ咲き。花の中に濃い黄色のしべが見える。丈夫で房咲き、ハチミツとムスク系の香りのイングリッシュローズ。

エイブラハムダービー

Abraham Darby

エイブラハムダービーの薄い桃色の優美な花(このあと説明あり)
  • 1985年 David Austin
  • イギリス

アプリコットピンクのカップ咲きの花は、花びらの重なりが優美。イングリッシュローズの中でも人気の品種のひとつ。すばらしい香りも魅力。

ヒストリー

History

ヒストリーの柔らかいピンクの花(このあと説明あり)
  • 2003年 タンタウ社
  • ドイツ

やわらかな花色と、オールドローズを思わせる丸いロマンティックな花形が魅力。花径12センチほどの大輪の花を、房咲きに咲かせる様子はみごと。四季咲き。

プリンセス ミチコ

Princess Michiko

プリンセス ミチコのオレンジ色の半八重咲き(このあと説明あり)
  • 1966年 ディクソン社
  • イギリス

美智子妃殿下に捧げられたバラ。はっとするほど美しい、透明感のあるオレンジ色の花をつける。半八重咲き。耐病性にもすぐれ、花つきもよい。四季咲き。

プリンセス チチブ

Princess Chichibu

プリンセス チチブの白から赤へのグラデーション(このあと説明あり)
  • 1971年 ハークネス
  • イギリス

秩父宮妃殿下に捧げられたバラ。剣弁高芯咲きの整った花形をもち、中心部から外側へと、やさしいグラデーションを見せる花色がすばらしい。四季咲き。

チャールズ ダーウィン

Charles Darwin

チャールズ ダーウィンの黄色の大輪(このあと説明あり)
  • 2003年 David Austin
  • イギリス

うっとりするような芳香をもつイングリッシュローズ。優雅に開く大輪の花は、濃い黄色から淡い黄色へと、美しい色の変化を見せる。四季咲き。

グランメール・ジェニー

Grand'mère Jenny

グランメール・ジェニーのオレンジからピンクへのグラデーション(このあと説明あり)
  • 1950年 Meilland
  • フランス

永遠の名花ピースの交配種。HT。半剣弁の大輪に、黄色、ピンク、橙色が、はなやかに混ざる。直立性の枝はよく伸びる。照葉。四季咲き。

↑先頭へ戻る